読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの記録

ゲーム、アニメなど好きなことをお届け

物吉貞宗、実装を心待に予習

ゲーム 刀剣乱舞

10月29日 先行実装致しました。それに伴い、出陣、負傷、真剣必殺、内番の立ち絵を追加しました。
新しくイベント概要記事もまとめてありますので併せてどうぞ。

9月19日、「刀剣乱舞ONLINE」の新キャラクターが公開されました。
物吉貞宗(ものよしさだむね)くん。声は小野賢章さん。
イベント公開だったのですが、自分は母とニコニコ生放送でみていました。
刀剣乱舞は会員登録に抵抗があり、母のプレイを鑑賞するのみなのですが非常に興味がわいて参ります。
今までに好みの刀剣男士がいなかったわけではございませんが、絵柄も趣味、外見年齢も好みの領域、好きな配色などなどと非常に趣味に合う部分が多くてありがたいものです。
今回は物吉貞宗くんについて予習しておきたいと思います。

ビジュアル


転載行為と見なされるのでしょうか......すみません。
イラストは鶴丸国永を描かれておりましたizumiさん。
毛束のひとつにすこし赤みがかったものがあるように見えますが、9月21日にizumiさんが非公式で公開なさったイラストを拝見しますと、全体的にあの色のほうが近いようです。
詳細はこちら。


衣装は短ランにサスペンダーとお見受けします。襟元にはフリルのようなものが......
タイツにレッグウォーマーにブーツという厚着具合もなかなか愛らしいですね。
タイツの柄は肩の紋と同じカタバミの様。

f:id:sunflower0122rito:20151101230558j:plain
こちらが先行実装により明らかになりました戦闘時、
f:id:sunflower0122rito:20151101230702j:plain
負傷時、
f:id:sunflower0122rito:20151101230728j:plain
真剣必殺、
f:id:sunflower0122rito:20151101230749j:plain
内番でございます。
ポーズに動きが出ると急に身近に感じますね。11月1日時点、我が家の本丸にはまだ来ておりません。
真剣必殺は鶴丸同様派手に脱ぎ捨ててくださいました。見た目よりたくましい感じです。というよりベルトが消えているように見えるのですが......
そして内番ですね。キャスケットの破壊力はさすがです。可愛い。
両手にブラシと縄があることから馬好きなのでしょう。ここまで露骨に表現しているのは彼が初でしょうか。
最初縄しか目に入らなかった自分は何に使うのかとかなり動揺致しました。
タイツがスパッツとハイソックスに変わり、衣装はジャージ系になっております。インナーもあり。サスペンダーに期待していたのですが

刀の長さに疑問を抱いた方もいらっしゃったと思いますが、実刀は「短刀」扱い(後述)、刀身自体は「脇差」の長さ(一尺以上)なので作中では脇差として登場するそうです。
単純に脇差が足りないから、というところもありそうですね。
世間では所有者の話や少し衣装が似ている?ことから一期一振や鯰尾藤四郎との関連が期待されているようです。鯰尾の言う「嫌いなやつ」が彼なのではないか......という予測もされていますね。
また、通称「貞ちゃん」で評判の太鼓鐘貞宗にも期待が増した模様です。

実刀

短刀
無銘 貞宗(名物 物吉貞宗)
1尺9分5厘(33.2cm)
重要文化財
徳川美術館所蔵

物吉貞宗 - 名刀幻想辞典

美術館では「脇指」と表記されますが、短刀のように懐にしまって持ち歩いていたという説から、文化財登録では「短刀」とされているようです。
ちなみに9月13日まで公開されていたそうですね。こうなるとしばらくは再公開されないので少し残念です。
物吉の異名は、この刀を持って出陣すると必ず勝利したことからついた、という説が一般的のようですが諸説あります。
詳しくはリンク先をご覧くださいませ。

個人の趣味の話

正直言って僕にはショタ属性を好む傾向があるという自覚があります。
しかし今までの藤四郎兄弟にはどうも大きな魅力を感じず、一推しは一期一振やら鶴丸国永やら和泉守兼定あたりでした。一推しじゃないですね
ここで新キャラに惚れるというのも不覚なのですが......すごく...すごく良い......!!
小野賢章さんは黒子テツヤの声の人ですから、なじみも深くて安心です。
公式で「幸福の王子」と言われたのですが純粋な子だと嬉しいです。他の脇差にはないピュアな雰囲気といいますか......非常に期待しております。
実装までそう長くはかからないそうですから、楽しみに待たせて頂きます。

さて、物吉貞宗くんについて知って頂けましたでしょうか。
公開されている台詞や、童話「幸福の王子」を意識しているようにもとれる愛称からも読み取れるように、彼もまた暗い過去を持っているようですね。
それでは今回はこの辺りで。