読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの記録

ゲーム、アニメなど好きなことをお届け

【14話】おそ松さん感想

まずは今週の報告をすこし。
アニメージュが話題になってますね!数々の描き下ろしイラストの仲良しぐあいが狙ってるかんじします!あざとい!
本編のナチュラル感が際立ちますねー!前回の酔った一松でなごみました。今回は紅松がよかったかな。
カラ松の解説部分に「これから彼の優しさがわかる回がある」的なことが書いてあったので期待して待ちます!!
そして6日に発売した3DSテーマですね!情報が出て気に入ったら買おうと思っております!
BGMやSEが専用仕様みたいなので、その内容によって考えますー。
今までのテーマから考えると、スリープ解除時ボイスなんかがついてたら嬉しいです。
さて、第十四話。2クール目は題名にキャラ名が入ることが増えてきますね!
雑誌に載っていた内容からみると十六話「一松事変」のようですし。楽しみですな。
今回は「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」です!公開されていた画像は風邪のトド松がメインでしたー。
以下感想です!ネタバレ含みますー。

まずは「風邪ひいた」です。十二話で風邪ひくよ、といわれましたが六つ子のみんながひいてしまう。
皆が風邪をひいて寝込んでいるのにおそ松兄さんだけが元気で、看病すると言い出すところから始まります。
財布持ち出して散財してくる兄さんさすがです。
寝ているシーンの中だとちょっと布団が短いですね。ここに六人寝ているのかー。そして部屋が広いです!
一松のトッティ呼び初かもしれませんね。名前を呼ぶこと自体珍しいのに。
パーカー松のディープキスはまあいろいろありそうですね。風邪うつす手段として有効なのですか......
こうしておそ松が寝込むことになります。次はトド松の風邪が直って看病すると言い出しました。全員まわる感じですか。
......殺菌です。点火です。
提供部分で映っていたゴーグルの彼はトド松でしたかー。なんかちょっと顔違いますけど。
点火までしておいて「潔癖なとこあるから」ですませるトド松かわいいです。
このあとが自分的にはイチオシです。一松が直ってトド松がぶり返します。
一松ちゃんと看病するのかと思いきや。一松様ー!!となりました!
ラジオで一松には逆の嗜好があるといわれていたのですが拇印のくだりのように作中ではSっ気強いですよね。
そこもやっぱり一松の仮面フラグなのでしょうか。
「我々のような雄豚どもの火照った体をお冷ましください一松様」でしたっけ。暗唱できそうです!するようなものじゃないですけど。
調子乗り過ぎて風邪ぶり返すのすごいですね。お次はカラ松!
......もしかしてカラ松の優しさがクローズアップされる回って今回だったのでしょうか。
北山まで水を汲みに行ってくれるカラ松です。そういうことですか!?
登山の際頭にアイマスクのようなものが見えます。銀魂で見た気が。
......さて、これで最後になります。十四松がオチ要員ですね。
かわいそうなことにチョロ松はずっと風邪ひきっぱなしなのです。
完全に十四松が人間やめました。ちなみに十四松分裂中にもいちどディープキスしてたそうです。引きずるのですね!
そして数々のちいさい十四松の中には兄弟たちもまざっています。知人が一発で見つけたのは一松で、じぶんはトド松みつけました。またあとで見直してみます。
「十四松は一人で十分なんです!!」本当にそうですね。とても面白かったです。

Bパート「トド松のライン」です。ラインはメッセージアプリではなく線引のことでした。
数々のトド松の秘密が明らかに。兄弟たちがわりと秘密を共有し合っていることも判明します。
前回じょし松さんでトド子は山ガールでしたが、その理由が今回で明らかになります。彼実はすごいたくましいですね。
イベントで明かされた脚フェチだということを作中で当然のように知ってる前提で進めてきました。「トド松のすべて」呼んでいるときの入野さん素にめちゃくちゃ近い気がします。笑いこらえているのでしょうか......
室内アイテムのパイロンがアップになりました。これは六話で十四松がかぶっていたものです。九話で彼女の包帯が巻かれしましまになったと考察されておりましたが、今回もしましまパイロンでした。実際のところどうなのでしょう。もしかしてパイロンコレクター?
兄弟ランキングみんなに一位って言うトド松最高です。兄弟にもあざとくするのですか。
......でも今回もまた十四松がオチをもっていきます。ちなみに放送日全面株安でした。

さて今回のエンディングはトド松です!歌詞はトト子ちゃんをくどいている感じではありませんでしたが、「別々に見ると結構違うんだよ」に「どうでもいい」などと返答することからトト子ちゃんなのでしょう。彼女六つ子の区別つくのですがね。
「気軽にトッティって呼んでくれたらうれしいな」ということでトッティ呼びを望んでいることが判明。六つ子にも定着していますしこれからずっとこの調子なのですかね。コメンタリーで言っていた気がします。
英語の発音が甘いのかわいいです!コールとてもいい!
今回は前回EDとちがってタイプにより絵も変わっていました。順番だけですが最初の画面で誰だかわかるようになりましたね。

珍しくCパートに題名がついております。ここが「チョロ松先生」ですね。
.....こちら下ネタになりえる要素しかない模様。じぶんはキャパ超えて理解できておりません。する気もほぼないです!
先生というよりチョロ松教頭です。題名にやっと入れたというのに主人公はトド松でした。
こういう教頭先生いますねー。なにかと問題行動にしてきます。
チョロ松がボケに回ると結構本気でボケますね。二話のデリバリーコントを思い出しました。

さて、今回次回予告はありませんでしたが「面接」「チビ太の花のいのち」ほか、とのことです。面接は十四松の話です。
来週まで楽しみに待ちます!Aパートですしシリアスじゃない十四松が見られそうですね。
チビ太のほうは原作にもあるいい話だそう。期待です!
それでは今回はこの辺りで。