読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの記録

ゲーム、アニメなど好きなことをお届け

【13話】おそ松さん感想

一話に乗り遅れたので今回から感想記事はじめたいと思います!
いやー、おそ松さん面白いですねー。地上波でオーディオコメンタリー流すアニメなんて初めて見ました。
コメンタリーで「きっとびっくりすると思います」と言われた今回、どうなるのでしょう。
監督さんが銀魂の人なのでなんとなく予想はしていましたが、こんなに流行るとは......
そういえばEDのおそ松Bバージョン、音量調整すると聞き取れるみたいですね。ニコニコにあがってます。
気合で聞き取れたのは「鼻のあたりでわかったんだろ?」「市内に一軒家だぜ、すごくね?」「宝くじあたんねーかなー」がインパクト強かったです。
おそ松兄さん鼻に特徴なんてありましたっけ......意識してみてもよくわかりませんでした。
以下十三話感想です。ネタバレ含みますー

......あまり感想書きたくない!!一回目なのに!
史上最大の下品さを誇るのは3話くらいだと思っていたのですが、今回の方がストーリーがあるのでまずいといえばまずいですー!
......内容追及しましょうか。

まずは実松さん。さねまつで一発変換できましたー。そうではなく。
キャストをご覧になればわかるとおり、実松(十四松)門松(トド松)平松(一松)捨松(カラ松)徳松(おそ松)菊松(チョロ松)となっておりますね。
年齢は実松がいちばん上で、平松と徳松が下だというのはわかりました。十四松からするとそんななのでしょうか?
ホラーに考察してもしなくても怖いですね!おそ松さんはさんざん公式が二次創作してるとかいわれてきましたけど(アニメージュなど)今回は本当にいろいろなところでいわれています!いままでの考察ほぼ回収していきました!
やっぱり一番さきに自立するのは十四松なのでしょうか。あと結局はみんな六つ子が恋しいのかなー、とか考えます。
声のほうはオチとは逆に、実松のモノマネをする五人が結構すごかったです!
とりあえず現実化するのすごくおもしろかったですー!ギャグとして見るべきだとじぶんは思っております!

さてCMあけてなにかなーとおもっていたら。
じょし松さんでした。
レンタル彼女つながりで美人になったわけではありません!むしろ声そのままですー!
こちらでは六つ子は他人設定のようです。でも一子がカラ子の裏話普通に知ってたんだよなあ。ある意味ホラーです。
声的にいちばん女子っぽかったのはおそ子でした!一子もがんばれば女子できるひとなのに一松があれだから見ることはできませんでしたー。
トド子ちゃんとかわいかった!でもすごいひどい!
女子になるとあのなかでいちばん嫌なのはトド子かもしれませんー。ドライモンスター!
顔覆う十四子の目が手とほぼ同サイズだったのはネタですかね!作画みるのもたのしかったです!毛先の曲面!

さてここからが本編なのでしょう。オープニングもまだですからね。
番組情報どおり「事故?」のタイトルが出ますが......ちょと覚悟してくださいここからすごく下品です。

身内のツイッターをみせてもらいましたが、ホットワードにあがっていましたー。あれがギャグ的内容のすべてを表しますね!
じぶんは録画組なので外出前の朝にみてしまったのですが......深夜推奨です!
今回をより深く理解するには前回のコメンタリーもあわせてきくとよいと思います!
「あの呼び方はマズイ」とか「みんなそんなだから」とか言ってるのがわかります!Bパートでみゆさんが言ったぴよぴよかかっている部分は今回の話ですね!
ようするに......まあ六つ子みんながすごくおとこのこなお話です!
ちょっとわかりにくいおそ松兄さんの言ったチョロシコスキーはこのように文字列化するとよくわかりますね!したくないよ!
数々のマズイ本の表紙をよくみると、彼らの趣味がそこそこに反映されていたり。
イベントでの「何フェチですか?」の回答がマッチしています!わかりやすいのは一松です......

お下品な部分はそんなところで終わらせてくださいー......じぶん、下ネタ耐性あまりないので!
さて、おとこのこなお話で喧嘩がはじまるわけです。
チョロ松が家族に不満をこぼしてるだけといえばそうかもです。
「おそ松のデリカシーないところが前から嫌い」とか「トド松お前いらねえよ」とか。二話では「お前はなんで生まれてきたカラ松!」とか言ってましたがトド松にも言うのですね。材木松......
そのあとトド松の怒りの矛先は便乗癖のある一松にいき、一話の本音の話を持ち出したり。
カラ松はそれ聞いていなかったのでひとり不思議そうな顔しています。
ここらへん考察クラッシャーですね!一松が実はまともで便乗していないと六つ子の中にいられないとかそういう考察意識されましたかね!
当然のように地雷踏みまくる......でもその後のシーンでは一緒に布団出してたりします。普通に仲良し。
今回触れられたのは「一松実は普通」「十四松が一番闇深そう」の有名な考察たちです。みなさまはどうお考えでしょうかー。
じぶんは今回110松の仲良し感がクローズアップされててうれしかったです!そこふたりすきです!
いままで「いらねえよ」と言われていたのはカラ松でしたが、今回はトド松だったので、今後はトド松が更にかわいそうな目に合うのでしょうかー。

さてオープニングエンディングですね。OPは「全力バタンキュー」、わりと普通でした!作詞作曲も変わっていたので歌詞考察進みそうですね!
カラ松がずっと変な顔だったり、一松がとにかく明るい安村みたいになってたり、放送前PVのおじいちゃんトド松が出ていたりと濃いです!
耳から魚を出すのがカラ松からトド松に変わっていましたー!小さい口から金魚が出ます。カラ松一松トド松のからみ増えそうでちょっと楽しみです!
EDはトト子ちゃんが歌います!がイヤミほどの存在感はありませんでしたー。前半のおそ松兄さんの騒がしさすごくてですねー。
題名が「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」から「SIX SHAME FACES~今夜最高!!!!!!~」に変わっております!わかりにくい!
SAME(セイム)は「同じ」、SHAME(シェイム)は「恥ずかしい」という意味ですー。トト子ちゃんも歌ってますね。恥ずかしい顔ですかー。
今回はおそ松タイプAでした!Aが最初mに見えたー。
(追記 普通にmです)
歌詞の方は合いの手が強調されて、「シェー!ニートニート!」のイメージが非常に強いです!相変わらず誘ってたなあ。
そしてトト子ちゃんはそれを激しく拒絶しておりました。くれるものはもらっておくけど!とのこと!

さてさて、ハイキュー感想と比べてだいぶ長くなりましたね!濃さの違いですな。
今回はコメンタリーで言われた通りびっくりする内容でした!
次回は「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」です。トド松すごい嫌な予感するー。
チョロ松に期待しながら来週を待ちます!
それでは今回はこの辺りで。