読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの記録

ゲーム、アニメなど好きなことをお届け

【8話】ハイキュー!!セカンドシーズン感想

アニメ ハイキュー!! 感想

今回は「幻覚ヒーロー」。サブタイトルからしてマズい雰囲気がありますでしょう。次回予告をご覧の方はなおさら。
漫画でいう88、89話になりますね。月島人気が跳ね上がった回だそうです。
しかしそういった話をすべき回じゃないです。古舘先生はこういったキャラクターの心情を表現するのが得意分野なのでしょう。
どこまでアニメーション的表現になるのかが見所ですね!
以下、漫画も含みネタバレとなりますのでご注意ください。
......と言っておきますが配慮はしているので内容が薄いです。

想像はしていましたがすばらしいですね。アニメスタッフさんさすがです。
ほぼ完璧な再現率でした。
少し前に発表されていた明光くんの声もイメージぴったりで文句なしです。
今回は月島の過去編ということで山口と月島の幼少期が描かれたのですが、漫画よりも月島の冷徹さが押し出されていた感じがあります。
当時はまだ純粋だったはずなのですが台詞回しで印象って変わるものですね。
声優さん的には映画前編の「黒尾は女性に変わったのに研磨はそのまま」な事件は発生せず、バランスはきちんととれていました。

内容面は変更なしで30分に集約されていたので、木兎さんの「あのシーン」まできちんと一話にまとまっていました。
あの名台詞の部分は直前のハイテンションが引き締まるよう、かっこいい表情が加えられてたりしました。背景やカメラワークのほうもアニメならではの演出が施されております。かっこいいですね。
そして自分は「まさかこんな日が来るとは」が山口の台詞だとおもっていたのですが実は月島の台詞でした。

重苦しい雰囲気はがっつり残っていましたね。深夜に見てたらかなりまずかったかな......
ともかくアニメでイメージが崩れなくてよかったです!原作読んでいない方々はかなり衝撃だったでしょう。
それでは今回はこの辺りで。