読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりの記録

ゲーム、アニメなど好きなことをお届け

蛍丸伝説プロジェクト

11月1日、伝説の宝刀「蛍丸國俊」の写しを制作し阿蘇神社に奉納する、というプロジェクトが開始致しました。
一般の方から支援金を集め、目標の550万円を達成することが目的で、各支援金額により記念品もいただけるといったプロジェクトでございます。
が、なんと目標金額は4時間で達成。その頃はサーバーが落ちていたそうです。自分が見た時はすでに2500万円をを超過しておりました。
高金額の支援は終了しておりますが、目標を超えているといえど維持費はいくらあっても足りないものでしょうから、今からでもぜひどうでしょう。
2016年5月22日まで受け付ける模様です。
今回はその「蛍丸伝説プロジェクト」についてまとめていきたいと思います。

プロジェクトページはこちらです。faavo.jp

蛍丸國俊概要

蛍丸國俊は、過去阿蘇神社に安置されていた大太刀です。
昭和6年(1931年)に国宝指定されましたが、戦後GHQの刀狩の混乱に紛れ、現在は残念ながら行方不明となっています。
今回は最近発見されたという図から、写しを制作なさるようですね。
以下は各種情報です。

大太刀
銘 来国俊
茎 永仁五年三月一日
三尺三寸四分五厘
螢丸

蛍丸 - 名刀幻想辞典

茎に掘られた日付は西暦に直すと1279年3月1日となります。これは鍛刀された日という説もあれば、奉納された日という説もあるようです。(後者が有力?)
有名な伝説というのはこちらのことですね。

蛍丸にはこのような伝説があります。
建武3年(1336年)3月、多々良浜の戦いに於いて、阿蘇氏の十代当主阿蘇惟澄が敗戦濃厚となる中この大太刀で奮戦し、何とか自陣に帰り着いたときには、ささらのごとく無数に刃こぼれしていました。
太刀を壁に立てかけたまま眠りに落ちると、どこからともなく無数の蛍が現れ太刀に止まり、光に包まれるという夢を見ます。
翌朝目を覚ましてみると不思議なことに刃こぼれひとつない美しい姿になっていたといいます。

蛍丸伝説をもう一度!大太刀復元奉納プロジェクト始動! - FAAVO美濃國

この話に出てくる蛍は、実際は欠けてしまった刃が戻ってきた様子だった、という説もあるそうです。

プロジェクト支援について

支援金額に応じていただけるプレゼントをまとめてみます。
金額が増えるにつれ、特典が増えていくというものです。

金額 追加特典
5000 蛍丸プロジェクト記念丁シャツ
10000 復元蛍丸原寸大ポスター
30000 奉納者名簿に名前を記載、大太刀と共に名を奉納する権利+制作過程記録DVD

以下は高額支援された方が獲得できた権利です。50000円支援は2コースあり、一口一つづつでした。
どれも現在は定員に達し、募集しておりません。

金額 獲得できた権利
50000(1) 阿蘇神社奉納鍛錬参加権
50000(2) 関鍛冶伝承館奉納鍛錬参加権
70000 奉納刀完成奉告祭参加権
2700000 奉納鍛錬参加権+奉納刀完成奉告祭参加権+蛍丸影打

影打がいただけるというのは非常に大きいですね。クレジットカード決済で一気に270万も出せる方はかなりの大物でしょうが。
応募した方が管理できるような方だと嬉しいです。

さて、概要は以上になります。
自分はまだ支援していないのですが、機会があれば行ってみようかとも思っております。
それでは今回はこの辺りで。